「誰か泊めてください」家出中の女の子が利用する神待ち掲示板
「誰か泊めてください」家出中の女の子が利用する神待ち掲示板をご紹介しています。
Menu

家出少女の特性と神待ち掲示板を利用した方がいい理由 2017年10月5日

家出少女たちばかりが集う専門のサイトのことを、神待ち掲示板といいます。
つまり、神待ち掲示板にアクセスすれば、多くの家出少女たちと出会うことが出来るのです。
では、どうやってその家出少女たちと仲良くなればよいのでしょうか?これにはまず、家出少女たちの特性をよく理解しておくことが必要です。
かつての家出といえば、親に反抗したり、不満を抱いたりして家出をするものでした。
しかし、最近は違うのです。
まずは彼女たちの話に耳を傾けてあげるのも、ひとつの方法でしょう。
彼女たちは誰かに話を聞いてもらいたいと思っているのです。
その際に気をつけないといけないのは、家出の理由を問い詰めたりしないということです。
実は少女たちの多くが、特にたいした理由もなく家出をしていることが多いのです。
ですから、理由を問い詰められたところで、答えられない少女も少なくはないのです。
少女たちの話を聞くために、まずは少女たちをいかに喋らせるかということが大事になってくるでしょう。
サイトのプロフなどを参考に、少女たちに話を振ってみましょう。
少女たちが喋りだしたら、後は聞き役に徹することです。
要するに、聞き役ではあるけれども、いかに少女たちにたくさん喋らせることができるか、ということが少女たちと仲良くできるかどうかのポイントになってくるのです。
これが出来ないと、家出少女と仲良くなるのは難しいかもしれません。
神待ち掲示板は出会い系サイトでもあります。
当然のことながら、男性の登録者数は多く、女性側の登録者数は少ないのです。
つまり、家出少女の心をいかにつかむか…それにすべてがかかっています。
少女たちにつまらないとか、面倒な男だとか思われてしまったら、もうそこで終わりです。
それまで続いていたメールのやり取りも、それで終わってしまう可能性が高いです。
一般的な出会い系サイトと同じです。
相手が家出少女だといっても、圧倒的に少女たちのほうが立場が上なのです。
そこをしっかりと見極めていくことが必要だといえるでしょう。

家出少女の特性と神待ち掲示板を利用した方がいい理由 へのコメントはまだありません
カテゴリー: 神待ちとは

家出をするなら覚悟を持ちましょう

知人の娘さんがプチ家出をしたのは、今から数年前の事でした。
知人夫婦は驚きうろたえ、頭を抱えていた時期が続いていました。
そんな娘さんに、遠い日の私自身を重ね合わせて振り返った事も。
私自身も思春期、家出をしたいと感じた事は1度や2度ではありませんでした。
私の場合は幸い、両親が私の言い分に耳を傾けてくれ、色々話し合う時間を共有してくれたおかげで、それを実行に移す事はありませんでした。
子供が家を出たい、と考える理由の殆どは、家族もしくは自身の問題だという統計があります。
両親が子供の行動をしっかり見守り、そして理解しようとする事で、家出は十分未然に防ぐ事は可能だと経験上考えています。
家出という行為に意味はあるのでしょうか?敢えて家出を決行して「良い点」を考えてみました。
真っ先に思い浮かぶのは、やはり「自由な生活と時間を得る事が出来る」。
お金の問題は生じますが、学校や仕事に行く必要もありません。
心のままに毎日を過ごす事が可能になります。
普段やりたくても出来なかった事や、大人達が咎める場所に足を踏み入れたりする事も。
ですから中には、家出を深刻な現状からの脱出では無く、軽い気持ちのバケ−ションと捉えている人も居るのかも知れません。
反面、1人で世間に飛び出す以上、苦しい場面とも数知れず遭遇せねばならないでしょう。
本気で家出を決行するのであれば、自分1人で生きて行ける覚悟があるかどうか、しっかり自問自答した上で行動に移すべきでしょうネ。

家出をするなら覚悟を持ちましょう へのコメントはまだありません
カテゴリー: 神待ちとは

セックスをするときの感染症にご注意ください

さて、ようやく待望のセフレが出来ました。
しかし必ずしもセフレの女性の相手はアナタだけとは限らない事をお忘れ無く。
セックスフレンドの言葉通り、友達は沢山いても不自然でも無ければ道徳的にも問題ありません。
少なくともアナタのセフレとなるくらいの女性ですから、これまで不特定多数の男性と同様の関係を持っていた、と考えるべきです。
これが風俗嬢なら、定期的に性病の検査を受けているでしょうが、素人はそんな事は普通していません。
相手がどんな病気を持っているか分からないのです。
しかし現実問題、セフレの女性に対して「俺も検査を受けるから君も検査の結果診断書を持って来てくれ。
その上でセックスしよう」なんて言えるハズもありません。
仮にそれをしゃべり終えた瞬間、セフレは去って行くだけです。
やはりこの場面でも「自己防衛」。
巷で言う所の「セ−ファ−セックス」と言うヤツです。
セ−ファ−セックスとは性感染症やHIV感染防止の上で性行為を行う事を指します。
まず思い浮かぶのがコンド−ム装着ですが、その使い方がポイントなのです。
通常は避妊目的ですから挿入直前に装着すれば良いのですが、こういった病気は粘膜の接触だけでも感染します。
つまり相手の身体に触れる以前から装着していなければならないのです。
さらにオ−ラルセックスでも感染は想定されます。
つまり女性の性器を口で愛撫しただけで感染してしまう可能性がある訳です。
対処法としては食品用のラップフイルムなどを介しての行為が推奨されていますが、女性が怒ってしまう事は確実ですから現実難しいでしょう。
こうやって掘り下げて行くと、極端に言えば、ディ−プキスにすらリスクが伴っている事になります。
口内は細かい傷が付き易いため、性器接触よりさらにリスクが高い、との説もあるくらいです。
つまり「絶対安全」という事は無い訳です。
覚悟を決めてコトに及ぶのか、病気が怖ければ他人とセックスしない事を選ぶのか。
またここでも二者択一で締め括る事になってしまいましたネ。

セックスをするときの感染症にご注意ください へのコメントはまだありません
カテゴリー: 神待ちとは