「誰か泊めてください」家出中の女の子が利用する神待ち掲示板
「誰か泊めてください」家出中の女の子が利用する神待ち掲示板をご紹介しています。
Menu

家出をするなら覚悟を持ちましょう 2017年10月5日

知人の娘さんがプチ家出をしたのは、今から数年前の事でした。
知人夫婦は驚きうろたえ、頭を抱えていた時期が続いていました。
そんな娘さんに、遠い日の私自身を重ね合わせて振り返った事も。
私自身も思春期、家出をしたいと感じた事は1度や2度ではありませんでした。
私の場合は幸い、両親が私の言い分に耳を傾けてくれ、色々話し合う時間を共有してくれたおかげで、それを実行に移す事はありませんでした。
子供が家を出たい、と考える理由の殆どは、家族もしくは自身の問題だという統計があります。
両親が子供の行動をしっかり見守り、そして理解しようとする事で、家出は十分未然に防ぐ事は可能だと経験上考えています。
家出という行為に意味はあるのでしょうか?敢えて家出を決行して「良い点」を考えてみました。
真っ先に思い浮かぶのは、やはり「自由な生活と時間を得る事が出来る」。
お金の問題は生じますが、学校や仕事に行く必要もありません。
心のままに毎日を過ごす事が可能になります。
普段やりたくても出来なかった事や、大人達が咎める場所に足を踏み入れたりする事も。
ですから中には、家出を深刻な現状からの脱出では無く、軽い気持ちのバケ−ションと捉えている人も居るのかも知れません。
反面、1人で世間に飛び出す以上、苦しい場面とも数知れず遭遇せねばならないでしょう。
本気で家出を決行するのであれば、自分1人で生きて行ける覚悟があるかどうか、しっかり自問自答した上で行動に移すべきでしょうネ。

関連記事

カテゴリー 神待ちとは