「誰か泊めてください」家出中の女の子が利用する神待ち掲示板
「誰か泊めてください」家出中の女の子が利用する神待ち掲示板をご紹介しています。
Menu

セックスをするときの感染症にご注意ください 2017年10月5日

さて、ようやく待望のセフレが出来ました。
しかし必ずしもセフレの女性の相手はアナタだけとは限らない事をお忘れ無く。
セックスフレンドの言葉通り、友達は沢山いても不自然でも無ければ道徳的にも問題ありません。
少なくともアナタのセフレとなるくらいの女性ですから、これまで不特定多数の男性と同様の関係を持っていた、と考えるべきです。
これが風俗嬢なら、定期的に性病の検査を受けているでしょうが、素人はそんな事は普通していません。
相手がどんな病気を持っているか分からないのです。
しかし現実問題、セフレの女性に対して「俺も検査を受けるから君も検査の結果診断書を持って来てくれ。
その上でセックスしよう」なんて言えるハズもありません。
仮にそれをしゃべり終えた瞬間、セフレは去って行くだけです。
やはりこの場面でも「自己防衛」。
巷で言う所の「セ−ファ−セックス」と言うヤツです。
セ−ファ−セックスとは性感染症やHIV感染防止の上で性行為を行う事を指します。
まず思い浮かぶのがコンド−ム装着ですが、その使い方がポイントなのです。
通常は避妊目的ですから挿入直前に装着すれば良いのですが、こういった病気は粘膜の接触だけでも感染します。
つまり相手の身体に触れる以前から装着していなければならないのです。
さらにオ−ラルセックスでも感染は想定されます。
つまり女性の性器を口で愛撫しただけで感染してしまう可能性がある訳です。
対処法としては食品用のラップフイルムなどを介しての行為が推奨されていますが、女性が怒ってしまう事は確実ですから現実難しいでしょう。
こうやって掘り下げて行くと、極端に言えば、ディ−プキスにすらリスクが伴っている事になります。
口内は細かい傷が付き易いため、性器接触よりさらにリスクが高い、との説もあるくらいです。
つまり「絶対安全」という事は無い訳です。
覚悟を決めてコトに及ぶのか、病気が怖ければ他人とセックスしない事を選ぶのか。
またここでも二者択一で締め括る事になってしまいましたネ。

関連記事

カテゴリー 神待ちとは